南向きの中古マンションを探そう

宮城で中古マンションを条件に部屋探しをする場合、マンションの価格だけではなく、日当たりなども確認しておく事をおすすめします。

マンションの高さにもよりますが、あまり下の階だとマンションの立地条件によっては全く日が当たらず、1日中薄暗い部屋で生活しなければいけません。

せっかく宮城で中古マンションを探すなら、日当たりも考えて選んでみましょう。

マンションの建物自体が南向きでも、部屋数や向きによってはあまり日当たりが良くない事もあります。

中古マンションでも空室がいくつかあれば、当然条件のいい部屋から決まっていくのでタイミングも重要です。

また日当たりが良くても窓が小さかったり、窓の数少なかったりすると風が通らないので室内の温度が高くなります。

冬は暖かくていいのですが、夏はクーラーの効きが悪くなり電気代がかさみますし、最悪家にいるのに熱中症になる可能性もあります。

中古マンションでも日当たりは悪いよりも良い方がありがたいのですが、窓の条件によっては日当たりが良すぎるとデメリットになる事もあるので注意しましょう。

南向きで陽あたり良好でも、断熱材などがしっかりしていれば夏も涼しく過ごせます。

マンションの質も部屋探しには重要なチェックポイントになります。

大抵の場合は、内装リフォーム済となっていますが、窓の状態はきちんと確認して、南向きのマンションを探してください。

各部屋に窓があって、家全体の風通しが良い部屋が理想です。

参考ページ⇒中古マンション見学時のチェックポイント5つ! | nanapi [ナナピ]

4月
4

Comments are closed.